クレテック製造の過程は、芸術と科学の結晶です。ジャルム社は、このクラシックな手巻きクレテック・シガレットの製造をサポートし続けて行きます。

ジャルムの最初のクレテック・シガレットは、最低限の設備を使用し、単純な製造工程によって作られる手巻きたばこでした。年月を重ねるにつれ、ジャルムが製造するクレテック・シガレットの種類は格段に増えて行きました。分かりやすく言うと、製造方法によるシガレットの分類は、手巻きと機械巻きの2種類に分けられます。いずれも人気があり、大量生産されております。これまでにジャルム社によるフレーバーの創意工夫によって幅広い種類のブランドが製造されました。 

製造工程は厳密な原料の選定から始まります。主な原材料は、最上のたばこ葉とクローブで、ジャルム社独自のカッティング処理を経てスーパーファインクローブとなります。その後厳重な管理の下ブレンドされたクローブとたばこ葉に、添加物を加え巻紙で巻いた後包装します。

手巻きクレテック

クラシック手巻きクレテック・シガレット(SKT)は、私たちのクドゥスの工場の6万人の熟練した従業員によって、長年培ってきた手巻き製法で生産され続けています。包装もまた手作り感をより一層高めるために手作業で行っています。品質管理チェックポイントシステム導入によって、全ての製造工程が厳密に監視され、一貫した製品が確保されています。チェックポイントを通過した製品は、クレテックファンを魅了します。 

ジャルムチョクラ、ジャルム76、ジャルムイスティメワは、今日販売されている手巻きブランドの中で最も人気があります。これらのブランドがもたらす豊かな風味は、クレテックファンからの人気を不動のものにしています。

機械巻きクレテック

機械巻きクレテック・シガレット(SKM)は、洗練されたクレテックの増え続けるニーズに応える為、当時の欧米機械巻きブランドに競合して、1970年に発表されました。 

今日のジャルム機械巻きクレテック・シガレットは、最先端機器を使用し全てオートメーション化されたプロセスにて製造されています。完全な生産管理の下、コンピューター監視システムによって最終包装工程に至る全てを監視しています。 

定番の機械巻きクレテック・シガレット・ブランドは、ジャルムスーパー、LAライト、ジャルムブラックの3ブランドで、国内外を問わず親しまれています。